全日本遠征報告・2022年度主将挨拶

お世話になっております。
4年主将の一木健吾です。

滋賀県柳が崎ヨットハーバーにて開催されました全日本インカレの大会報告をさせて頂きます。

まずはじめに、ご寄付や観覧艇からの応援、また、直接ハーバーにお越しくださっての応援、SNS上での激励コメントなど皆様からいただいた多くのご声援についてお礼申し上げます。
結果としては、スナイプ級 10位 に終わり、目標である入賞を果たすことができませんでした。
皆様からの熱いご声援の中、ご期待に添えず本当に申し訳ございません。

昨年の11月、新体制が始まるころ、最後に悔いなく琵琶湖の地でみんな揃って笑えるようにという思いを込めて、今年度スローガンの「結実」にしました。結果の数字だけ見ると決して満足いくものではありませんが、この1年間、常に目標を目指して活動してきたことで、悔いを残さずやり切ることができました。これもひとえに、皆様の温かいご支援のおかげと心より感謝しております。

この大会を最後に私たち4年生は引退です。
私は高校1年生からセーリング競技を始め、その頃は大学まで続けるとは思っていませんでした。この大学4年間を思い返すと様々なことを思い出します。大学1年生の時は正直、先輩方に追いつきたいという一心で日々がむしゃらにヨットに乗り、高い壁にぶつかっては砕けていたのを覚えています。
しかし、結果としては私が入学してから3年連続でスナイプチームは全日本の切符を手にすることができずにいました。この事実に関して、私自身とても責任を感じていました。先輩方が紡いできた伝統を、私が崩してしまうわけにはいかないと思い、必ず今年こそ全日本の舞台に立ち入賞する、と固く誓いました。
そのような中、このラスト1年間紆余曲折ありながらもチームとして支え合いながら乗り越えてくることができました。

初めて口にするのですが、3年生から1番艇に乗っていた私は、強いプレッシャーを感じていました。「自分が走らなければチームが勝てない」と、自分に対して突き詰め続ける2年間であり、苦しい日々でした。
しかし今年、そんな私と共に戦ってくれたのが、同期の4年山口と後輩達でした。
精神的にも成績でもとても支えてくれました。

その時改めて、チームで戦うことの素晴らしさや、1人で悩まず相談し支え合うことの大切さを強く学びました。

ヨットというスポーツを通じて多くの方と出会い、沢山のことを学ばせていただきました。

引退して現役部員に伝えたいことは、1人で悩まずにチームで支え合って行って欲しいということと、今しか出来ないことを好きなだけ出来ていることに感謝し、自分ができる精一杯の努力をして欲しいということです。

最後になりますが、4年間法政大学体育会ヨット部の一員として活動できたこと、伝統ある弊部の主将を、務めることができたことを誇りに思います。

4年間本当にありがとうございました。

遠征半ばには、近江神宮で必勝祈願をしました!

全日本遠征中には、杉山コーチ、カピオラニオーナー鶴崎さん、礒村さん、田中さん、相原さん、福永さん、杉山さん、北林さんのお父様、速水さん、山口家、中村家にお越しいただきました。お忙しいところ遠方にもかかわらず、観覧艇カピオラニのご手配や応援、ご指導ありがとうございます。

また、
1985年卒の福永さんよりコロッケ
1987年卒の田中さんよりウィダーゼリー
2019年卒の北林さんのお父様よりクッキー
2021年卒の速水さんより抹茶サンド
2022年卒の新田さんよりお菓子
山口家よりワッフル、えびせんべい
新井家よりサンドイッチ
のごっつぁん品をいただきました。
皆様からの差し入れは、遠征中のエネルギーとなりました。ご支援感謝いたします。
そしてこの場では書ききれないほどのOB・OG、保護者の皆様より全日本遠征への寄付金をいただきました。誠にありがとうございます。

では失礼いたします。

合宿報告10/21~10/23「最後の八景島合宿」

こんにちは!いつもお世話になっております。
4年マネージャーの新井です。
先合宿の報告をさせていただきます。

先合宿は、全日本インカレ出発前最後の合宿でした。
22日は微風域の中、練習を行い、着艇後には高村コーチにお越しいただきミーティングを行いました。
高村コーチが、新体制始動の際に毎年お話してくださる「Victory Procedure」を改めて聞くことで、最後まで勝利のために努力を惜しまないことが大切だと思い直すことができました。
23日は470チームは練習、スナイプチームは全日本インカレに向けての準備を行いました。

これにて今年度の通常合宿は終わり、私が合宿ごはんをつくるのも先合宿で最後となりました。Instagramの方でもコツコツ投稿し続け、今では600近い人に見てもらっています。
寒い日も暑い日もみんなが練習している姿を想像しながら、私自身もごはんづくりを頑張ることができました。
今までみんなたくさん食べてくれてありがとう!🍚
そして来年度からは1年マネージャーの魚岸が担当してくれます。彼女が入部してから1か月半ほど経ちましたが、たくさんの仕事を覚えようと積極的でとても心強く思います。

いよいよ明日、前泊組は琵琶湖へ出発いたします。
2週間前に開催された秋インカレでたまや(得点計算)をしながら、毎レースごとに順位が変動し、とてもドキドキしていたのを覚えています。470チームは惜しくも全日本インカレへ出場することはできませんでしたが、スナイプチームは4年ぶりに全日本インカレへの切符を手にすることができました。悔しい思いをしてきた先輩方の分まで、スナイプチームは琵琶湖の地で入賞目指して前を走ってきてほしいです。
また、今回は私も前泊組として遠征に参加するので、みんなが気持ちよくレースできるようサポートに努めて参ります。
皆様どうぞ応援のほどよろしくお願いいたします。

先合宿には、高村コーチにお越しいただきました。
お忙しい中、貴重なお時間を頂きましてありがとうございます。

では失礼いたします。

合宿報告10/5~10/10「秋イン決勝」

こんにちは!4年主将の一木です。
10/5〜10/10の合宿報告をさせていただきます。

 先合宿では、秋季関東インカレ決勝が行われました。
大会は3日間に渡り、1日目が3レース、2日目が4レース、3日目が1レースの計8レースのレガッタとなりました。

 大会初日は、快晴、風向80度、8ノットと、比較的穏やかな順風域の安定した風で幕を開けました。私としては苦手な風でした。私たち31732艇(一木・中村ペア)はペア体重を重く設定しており、振れが難しい北風の順風コンディションでの戦い方を課題としていました。立ち上がりこそ順調だったものの、気温の変化や風の振れに翻弄されてしまい苦しい展開が続き、思うような成績が出せずにいました。
 そんな中でも31521艇(秋元・藤井ペア)と31496艇(佐野・山口ペア)の固く、堅実な走りに八景島の長期練習や葉山に移ってからの合同練習での成長を感じることができ、とても胸が熱くなるのを感じました。それと同時に今年こそは必ず全日本に行ってやる、と強く思いました。

 2日目は、曇り、風向20度、16ノットの安定した順強風コンディションとなりました。この日も私は上手く風をとらえることができず、トラブルもあり本調子を出せず、すごく落ち込んでしまっていました。そんな時に、1年生である佐野や3年の秋元から、「大丈夫です、まだ全然行けます!」とエールをもらい、とても勇気や元気を貰いました。私は、成績が悪いととても落ち込んで一人で考えてしまうことがあります。そんな時でも元気づけてくれる後輩を見て、「このままでは終われない、先輩のかっこいいとこ見せてやる!」と強く思い、最終日に臨みました。

 そして迎えた最終日、この日の天気は荒れる予報が出ていました。しかし、予報とは裏腹に初めは穏やかな、この秋シーズン初めて経験する南風の順風が吹いていました。少しの間AP旗が掲揚されており、海上待機をしましたが、ほどなくして風が安定し、両クラス共に順次クラス旗が掲揚され、スタートしました。
 スナイプ級は2度のゼネラルリコールを経て、3度目、黒色旗掲揚のクリアスタートで最終レースが始まりました。1上マークまでレグの途中、突然の雨が降り一時海上が霧に包まれました。そんな中でも、3艇で入念に話し合いを重ね、戦うべき敵を見定め、愚直に、泥臭く、貪欲なレース展開をしました。
 そして、インナーループ2レグのランニングの時には1桁台の順位で、法政の3艇が横並びになっていました。その光景を見て胸が熱くなるのを落ち着かせ、最後まで無事走り切りました。その後、3艇全員でガッツポーズをし合った時、個人ではなくチームで勝つことの嬉しさや、3年間の苦しい時間を乗り越えてきた達成感でとても胸が熱くなり興奮しました。

 最後に、この1年の間、両クラスとも紆余曲折あった中で、悔しくもあと一歩で全日本出場を逃してしまった470チームの仲間たちの思いも含め、ここまで苦悩の3年間のスナイプメンバーである柏谷先輩、工藤先輩、春田先輩の代の方々の思いを強く心に留め、大会までの最終調整期間を過ごしていこうと思います。

 また、今回はスナイプ級のみの全日本出場とはなりましたが、”チーム全員で”全日本の舞台へ乗り込み、本気で勝ちに行きます。

 変わらぬ熱いご声援のほど、宜しくお願い致します。

《レース結果》
今大会のリザルトは以下のリンクよりご確認ください。
https://kantogakurenyacht.jimdofree.com/%E6%88%90%E7%B8%BE%E8%A1%A8/%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%92%E5%B9%B4/

先合宿には、杉山コーチ、高村コーチ、OBのフレンドリーの皆様、齊藤航さん、田口さん、伊藤さん、佐藤さん、春田さん、中條さんにお越しいただきました。
お忙しい中、応援に来ていただきありがとうございます。

また、
1954年卒の渡邊さん、1970年卒の鷲尾さん、早川さんよりカツ、メンチカツ、葉山コロッケ
1970年卒の早川さんよりカンパ代
フレンドリーの皆様よりカツパン、カンパ代
杉山コーチよりチョコ
2020年卒の田口さんよりジュース
2021年卒の伊藤さんよりジュース
2022年卒の佐藤さんよりR1ドリンク
2022年卒の春田さんよりおかし、りんご
2022年卒の中條さんよりおかし、アイス
和田家よりミサキドーナツ、お団子、おかし
山口家よりおかし
中村家よりおかし
藤井家よりお米
のごっつぁん品をいただきました。
大会期間中ということで、多くの方々からたくさんの差し入れをいただきました。ありがとうございます。

最後にはなりますが、皆様3日間にわたる応援、誠にありがとうございました。
では失礼いたします。

合宿報告9/29~10/2「秋季六大学戦」

こんにちは!
4年の山口です。9/29〜10/2の合宿報告をさせていただきます。

 先合宿では、秋季六大学戦が行われました。
大会は二日間に渡り、1日4レースずつの計8レースのレガッタとなりました。

 レース1日目は、強風のレースから始まりました。春から課題意識を持って取り組んできた強風において、以前より他大学との差は縮まっているという手応えを感じることができました。しかし、スタートのミスが響いて結果に繋げることができなかったのが悔しかったです。午後になると風が落ち、順風のレースで前を走ることができました。

 レース2日目は、1日目の平均を必ず越えるという目標で臨みました。結果としては、自分たちが得意としていた微風〜順風だったこともあり、目標を達成することができました。自分のミスで、出遅れスタートになってしまったレースでも、ペアである佐野がとったコースに救われ、大崩れせずフィニッシュすることができました。

 4年最後の六大学戦が終わり、あとは全日本につながる秋インカレを残すのみとなりました。秋季六大学戦の結果を見ると、スナイプ、470、総合順位は全て5位で、全日本出場できるかどうかぎりぎりのところにいます。次合宿では、自分達のベストを出せるようレース前からあらゆる準備をし、両クラス全日本出場を必ず果たしたいと思います。

部旗の上にとんぼがとまっていました。秋の訪れを感じます。

先合宿には、杉山コーチにお越しいただきました。
お忙しい中、先合宿に引き続きご指導いただきありがとうございます。

また、
2019年卒の北林さんよりこんにゃくゼリー、ドーナツ
山口家よりエクレア、コーヒー
のごっつぁん品をいただきました。
大会終わりにおいしくいただきました。ありがとうございます。

では失礼いたします。